浪江町内をストリートビューで撮影します

2013 年 3 月 4 日
Posted by: グループプロダクトマネージャー/河合敬一

Google では、本日より、福島県双葉郡浪江町内のストリートビューの撮影を開始しました。

浪江町は、現在、その半分が福島第一原子力発電所から20 キロ圏内にあたる「警戒区域」と、残り半分が「計画的避難区域」に指定されています。この度、浪江町のご依頼をいただき、Google マップのストリートビューで両区域内を撮影します。撮影は数週間程度を予定しており、数カ月後の公開を目指します。


浪江町内 撮影の様子

撮影は、国や自治体が定めるガイドラインに沿い、乗務員の安全に十分配慮して撮影を行います。


浪江町 町長 馬場有様より、コメントをいただいています。
「浪江町は全町が避難区域に指定され、町民 2 万 1000 人が全国に避難しています。震災や原発事故からおよそ 2 年が経とうとする今、多くの町民からふるさと浪江の姿を見たい、知りたいという声が非常に強くなっています。また、世界にも原発事故の悲惨な状況が知りたいという方たちはたくさんおられます。今回、Google の協力で、ストリートビューで街の様子を撮影・公開することで、多くの町民の皆さんに街の様子をお知らせしたい、そして世界にありのままの浪江町を発信して行きたいと思っています。」

Google では、浪江町の今の様子を記録することで、故郷を離れて暮らしていらっしゃる多くの住民の方に街の様子を見て頂くだけでなく、世界中の科学者や研究者の方に、Google がもつストリートビューの技術が寄与できると考えています。また、次世代に災害の記憶を継承するための貴重な資料としての活用、さらに、発災から2年がすぎようとする今、震災の記憶の風化を防ぐお手伝いとなることを期待しています。


時刻 16:00