みんなのビジネスオンラインで、日本のビジネスにウェブサイトを!

2011 年 9 月 13 日
Posted by 東後澄人 / プロダクトマーケティングマネージャー

Google では本日、国内の中小企業を支援するサービス「みんなのビジネスオンライン」を公開しました。



現在、日本におけるインターネット利用者数は 9000 万人以上とされており、約 8 割の人がインターネットを日々活用している計算になります*。普段の生活を振り返ってみても、テレビや雑誌を見ながら気になった情報を検索したり、週末のお出かけ情報を調べたりと、いまやインターネットを使わない日はない、というほど生活の様々なシーンで必要不可欠なものとなっています。特にネットショッピングに関しては、インターネット利用者のうち 93% が利用経験があると答えており、すぐに消費者がアクセスできる場をオンラインで用意することの重要性は、企業にとってますます高まっています**。

一方で、国内企業の 99.7% を占める中小企業の 76% がウェブサイトを保有しておらず、消費者や他の企業などとビジネスでつながる可能性を逃してしまっている現状があります。しかし、ウェブサイトを持たない中小企業のすべてが、持たないと決めているわけではありません。Google の調査によると、ウェブサイトを保有していない中小企業のうち 63% が、「コスト」「時間」「労力」がかからないのであればウェブサイトを持ちたいと答えています。みんなのビジネスオンラインは、そんな中小企業のニーズに沿ったサービスとして生まれました。



みんなのビジネスオンライン」を活用すれば、全国どこの、どんな業種の企業でも、無料で簡単にウェブサイトを作ることがでます。また、各業種に最適化されたデザイン(テンプレート)を利用することができるので、専門的な知識やスキルがなくても、業種にあったウェブサイトを作成することができます。しかも、ドメイン名は「[あなたの好きな名前].jp」で取得することができます。使い方はとても簡単で、わずか7ステップで完成することができます。

サイトでは実際にウェブサイトを作成した企業の事例を紹介したコンテンツ「みんなの物語」も公開しています。これまでウェブサイトを持ちたくても持つことができなかった中小企業の方々が、本格的なウェブサイトを持つことに成功しています。実際にウェブサイト作成を通じて島のビジネスの活性化を目指している、神津島の取組みを紹介した映像もご覧いただけます。



みんなのビジネスオンライン」は、BtoB、BtoC を問わず、新しいお客様との出会いや、新しい販路の開拓、コミュニケーションの場の創出など、中小企業のビジネスが持つ可能性を拡げ、日本全国の地域経済の活性化に貢献することを目指しています。

(*出典= 総務省「平成22年通信利用動向調査」2011 年 5 月 18 日)
(**出典= 経済産業省「 平成22年度 我が国情報経済社会における基盤整備」2011 年 6 月 2 日)


時刻 13:54

0 件のコメント:

コメントを投稿